Recommendation 2 『Common American Phrases in Everyday Contexts』

IMG_7985

今日は『Common American Phrases in Everyday Contexts』を推薦したいと思います。

ステップ3の「英英辞典を引く/音読する」という作業を了えた後、第4ステップでは映画/テレビドラマを観てセリフを聴き取る(ステップ1)、書き取る(ステップ2)、英英辞典を引く・音読する(ステップ3)、ということを繰り返します。このステップ4で登場人物の表情や身振り手振り、セリフのイントネーション等を真似る(まねぶ)ことにより、リアルな英語表現が身につくようになります。

但し、このステップ4では一般の辞書には載っていない単語・フレーズ・スラングが頻出します。言葉は生きものですから日々updateされていますよね。日本語でもそれは同じです。特に日常よく使用されるフレーズを身につけるには、それに特化した本を読むのが一番の捷径となります。そこで最適なのが今回ご紹介するCommon American Phrases in Everyday Contexts – A Detailed Guide to Real-Life Conversation and Small Talk』(リンク)です。

僕がステップ4を実際にやっていたときには、こういう本の存在を知らなかったので、colloquial(口語の)なフレーズの意味を調べるのに一苦労しました。いまから憶えば、こういった日常会話に特化した本を繰り返し音読しておけば、もっと楽にステップ4を了えることができたはずです。

これから英絶に取り組む人には、是非この本もしくはこれに類似した本をステップ4を始める前に何度も音読して、体得してもらいたいとおもいます。ひとつ注意点として、暗記しなければ、と決して力むことのないようにお願いしますね(笑)あくまで、習うより慣れろ、の精神で!

ステップ3を完了した人ならば一読しただけで意味はすぐ理解できる筈です。所々わからない単語が散見される程度でしょう。サッと辞書を引けば、意味はすぐに了解されると思います。

この本を繰り返し音読することにより、日常会話で頻出する表現を先ず身につけてみてください。その後に映画/テレビドラマを観るようにすれば、ネイティヴの英語空間に自然と這入ってゆけるでしょう。アマゾンで「なか身!検索」できますので御自身でチェックしてみてくださいね!

Don’t sweat the small stuff.

Don’t worry about the little problems that have minor consequences. □ IDA: I just can’t seem to get comfortable in my office chair. I’m too far from the network printer, and my own printer is too slow. HANNA: Don’t sweat the small stuff. You’re also a week late on your time-and-effort report. □ Relax, Tom. Don’t sweat the small stuff. Save your energy for the really serious problems.(p.42)

(『『Common American Phrases in Everyday Contexts – A Detailed Guide to Real-Life Conversation and Small TalkThird Edition by RICHARD A. SPEARS, Ph.D.)

© The McGraw-Hill Companies, Inc. All rights reserved.

広告

生徒さん用学習資料収集中

IMG_7553

いま未来の生徒さん用に、以前このブログで紹介した『The Macmillan Visual Dictionary』の中古本(絶版なんですよね)を買い集めているところです。経年劣化でちょっとしたシミがあるようなものは安く手に入りますからね。しかし、この度僕が安いのはほとんど(一円から数百円で売られていたもの)買い占めてしまったので、市場には現在高めのものしか残っていないかもしれません(笑)

数に限りがあるので、すべての生徒さんに、というわけにはいきませんが、希望者に先着順で貸してあげるつもりで収集を始めています。

もちろん「Visual Dictionary」はこの本以外にもたくさんあるのですが、僕としてはこれがベストだと思っています。特にこの写真の「Multilingual Edition」は英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語の四ヶ国語表記となっているので、後々これらの言葉を学ぶときにも大変役に立ちます。

古本も人気が出たらすぐ値が高騰するので、安いうちにサッと買っておくのが賢明ですね(笑)

それではまた次回!

二〇一八謹賀新年(生徒募集!)

20160911-20160716fuji400シャボン020

新年明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いします!

書きたいことはたくさんあるのですが、忙しさに託けて最近全くBlogの更新ができておらず、申し訳なく思っています(笑)今年は昨年よりも新規投稿を増やしてゆきたいと意っていますので、また読んでやってください。

さて、現在までの閲覧統計をみてみますと、海外からのアクセスがたくさんあったことが判ります。日本国内のみならず海外在住の方にもお役に立てているのかな、と想うと本当にこのBlogを書いてよかったな、と感じます。

また読者の方々にはぜひとも多くの人々にこのBlogのシェアをしていただきたいと念っています。まだまだ無駄の多い勉強方法がひろく行われており、それを想うといつも、貴重な時間とお金がもったいないなあ、と嘆息してしまいます。

 

そこで、今年は空き時間を活用して、個人的に直接読者にお会いして手取り足取り(笑)、このBlogで紹介している英語習得方法を伝授してゆこう、と考えています。小学生から高校生ぐらいまでは家庭教師として、大学生や社会人にはスタバなどのカフェ等でお茶をしながら、iPhone・辞書・英語書籍などを用いて具体的に学び方を伝えてゆく予定です。また、直接会うことで種々と僕自身の体験を詳しくお話することができるので、それによっても、裨益するところが少なからずあるだろうと感じています。

Blogを読んだだけでは実践まで到らないという方も多いだろう、と想われるので、そういった方々に直接会うことでハートに火をつけてゆこう(笑)、と意っています。

受講料は初回に3000円いただくことにしたいと思っています。初回で基本的な習得方法を教えて、それを実践してもらいます。初回の説明だけでその後はすべて自分でやっていける、という方はそれで構いませんし、例えば小学生のお子様でしたら、アルファベットなどの初歩的なことは家庭教師として僕が教えることは可能です。2回目以降の料金は1時間1000円にするつもりですが、具体的な話はまた直接会うときにしたいと思っています。小学校の低学年と社会人では当然最初の入り方が異なります。それについては如何様にも対応することができますので御心配には及びません。

いまはまだ塾や学校を始める余裕がないので、先ずは上記のような形でやってみたいと考えています。理想的には瀟洒な建物に最新のiMacやホームシアターなんかをそろえてLanguage Centerを創りたいところですが、いまはまだそのような力はありません(笑)

 

僕の一番やりたいことは歴史小説を書くこと、その次に写真や映画を撮ることなんですが、古い時代のことをやりたいので、まだまだ種々と学ぶ必要があります。それには多くの時間が必要なので、できるだけ自由な時間が欲しい。そのためにはこういった方法で自分の得意なことを教えつつ生活費を得る、というのが理想的なんです。また生まれ育った倉敷を先ずは本当の国際都市にしたい、そんな風に考えています(大きな話ですが)。

若い時に英語を身につけることができれば、その後の人生が大きく変わります。いまやSNS等を通じて世界中の人々と繋がることができる時代です。ある限られた特殊な環境にある人たちだけでなく、ひろく日本人全体が英語を駆使することができるようになれば、あらゆる分野で世界をリードしてゆくことができるのではないでしょうか。

 

興味のある方はぜひ下記のアドレス宛にメールをください。

aoiharuto.25@gmail.com

ちなみに蒼井悠人はペンネームなので、本名はまた直接連絡を取り合うようになったときにお伝えします。

それではどうぞよろしくお願い致します!

 

蒼井悠人

Recommendation 1「CBSのLive News」

今日はアメリカのニュースサイト「CBSN」の視聴をお薦めしたいと思います。

ニュースといえば「CNN」が有名ですが、「live news」が視聴できるサイトとしてこのCBSのニュースサイトは大変貴重だと思います。

百聞は一見に如かず、以下のリンクから一度チェックしてみてください。日本に住んでいて無料でこのレベルのニュースを視聴できるのはありがたいことです。リスニング力向上にも最適ですよ!

『CBSN-Live Streaming Video』

英語学習体験記12「ステップ3:英英辞典を引く/音読する」

さて今日はいよいよステップ3についてお話していこうと意います。

Step3

〈Step2〉で書き取りしたもののうち意味のわからない単語を英英辞典で調べ、定義文・例文をノートに書き写す。最初に調べた単語の定義文・例文中にある意味のわからない単語も次々に引いてノートに書き写していく。1時間程度辞典を引いて書き写したら、それをまた1時間程音読する。わからない単語がなくなるまでこれを繰り返す。

詳説

「英英辞典」

まず使用する英英辞典ですが、必ず『Collins COBUILD English Dictionary(コウビルド英英辞典)』を使うようにしましょう。理由は『英絶』の本を読んでもらえばすぐにわかると臆いますが、要はこの辞典の定義文がA=Bのような簡易型ではなく、説明型となっているからです。下記の定義文を比較してみてください。

①『Oxford Dictionary of English SECOND EDITION, REVISED』

create

verb 1 [with obj.] bring (something) into existence

■ cause (something) to happen as a result of one’s actions

■ (of an actor) originate (a role) by playing a character for the first time.

■ [with obj. and complement] invest (someone) with a title of nobility.

[no obj.] Brit. informal make a fuss; complain

②『Collins COBUILD English Dictionary(1995)

create /krit/ creates, creating, created

To create something means to cause it to happen or exist.

When someone creates a new product or process, they invent it or design it.

どうでしょうか?

①は簡易型ですが、②は1つの文として成り立つ説明型ということがおわかりになるでしょう。この説明体を繰り返し書いては音読するということがとても大切なのですね。この説明体を話せるようになると実際の会話中わからない言葉があってもすぐに相手に訊くことができます。簡易型の辞典を使っていたのではなかなかそれができるようにならないのです。

さて、この『Collins COBUILD English Dictionary(コウビルド英英辞典)』ですが改版を重ね、現在第8版(2014)まで出版されているようです。辞書は新しいものがよい、ということにはもちろん一理あるのですが(収録語の増加等)、このシリーズに限っていえばシンプルな黒一色刷り(bold/nonbold)の1995年版がベストだと思います。すべての版を確認したわけではありませんが、近年の版はカラーになってしまった為、せっかく内容はすばらしいのに大変読み難い辞典になってしまったなあ、というのが個人的な感想です。本当に残念なことです……

この1995年版は発売から20年以上経っているので、もちろん最近の新しい言葉は収録されていません。また元々他の辞典に比べて収録語数も少なめになっています。しかしながら基本的な単語についての定義や例文は充実しているので、他の辞典と比較しても何ら引けを取ることはありません。もしもわからない単語がこの辞典にない場合は他の辞典(Oxford/Longman/アプリ等)で調べるようにすればよいと思います。

「辞典の引き方・書き写し方」

次に辞典の引き方・書き写し方についてですが、まず書き写すときには発音記号(IPA)も省略せずにきちんと書くようにしましょう。Step3を始める頃になると大体の単語はスペルをみるだけで何となく発音がわかるようになっているとは臆うのですが、そうはいってもやはりスペルからは推測し難い単語も多々あります。この段階で発音記号の読み方を身につけることができれば、以後スペルからは発音が判然としない単語に出会したときに発音記号を確認するだけで大体は正しく発音できると臆います。

ネイティヴの実際の発音を確認したいときは「英語学習体験記9」で紹介したアプリ「Dictionary.com Dictionary & Thesaurus」などを活用しましょう。現在書き写している見出し語、すなわち「apple」「grape」「orange」という3つの単語を引いているのなら音読時にそれらの発音のみを確認していくようにしましょう。定義文や例文中の発音が不明瞭な単語についてはそれらを見出し語として書き写し音読する時に確認するようにした方がよいでしょう。そうしないと1つの単語を処理するのに時間が掛かりすぎるので。アプリでは表示をIPAにして記号と実際の発音を比較しながら聴くようにしてくださいね。

また単語の表わすもののイメージが湧かない時は「英語学習体験記11」で紹介した『The Macmillan visual dictionary』で確認するようにしましょう。この本は巻末にきちんとindexが備わっているので参照しやすいと思います。特に人体解剖図などはかなり詳細な図が掲載されており、辞典の定義文だけではイメージが湧かないものも解剖図で確認すれば一目瞭然です。どんどん活用していきましょう!

『The Macmillan visual dictionary』で確認できるのは名詞(N=noun)ですが、動詞(V=verb)については『Oxford Picture Dictionary: Monolingual』またはGoogleの画像・動画検索等で確認してみるとよいでしょう。『Oxford Picture Dictionary: Monolingual』はリンク先の「なか身!検索」で内容の確認ができます。こちらも良い本なので購入することをお勧めします。そのときに必ず日本語表記のない「Monolingual」版を選ぶようにしてくださいね。なおこの本にはiOSのアプリ版があるのですが、音声付きなので人によってはこちらの方が便利かもしれませんね。無料お試し版の『Oxford Picture Dictionary, Second Edition, Unit 1』というのがあるので、iPhoneやiPadの端末上「App Store」にて検索してみてください。できれば両方活用するのがよいと思われます。Google検索については精度があまり高いとはいえませんが、使い方によってはかなり役に立つでしょう。

以上が僕のお勧めする「Step 3」の改良版です。英英辞典だけでなく上記のものを併用していくことで、より楽しく精確に英語を習得していくことができるのではないかと考えています。僕自身は『英絶』の本に書かれている通り『Collins COBUILD English Dictionary(コウビルド英英辞典)』しか使いませんでしたが、いま現在有っている知識や経験からして、いま説いたようにした方がよいと確信しています。もちろん英英辞典が中心なので「わからない単語を引いてノートに書き写し、それを音読する」ということを怠ってはいけません。あくまでも補助的に上記のものを活用してもらいたい、ということです。

この「Step 3」に最も時間が掛かります。僕は恐らく3500語程度引いたのではないかと憶います。何語でも基本語というのは大体そのくらいなのではないでしょうか。専門的な言葉はその基本語で説明できるのですから、その基本的な語彙さえあればどんなことでも学んでいけるということですね。参考までに僕のことをいえば、Campusの30枚ノートで22〜25冊ほどでしたか、その位は書きましたね。けっこう多いですよね(笑)しかしここで手を抜くと何にもならないんですよ。時間が掛かってもいいのでしっかり手抜きせずにやりましょう。最初はわからない単語ばかりでメモ用紙にあとで引く単語がどんどん増えていきます(笑)「a」や「the」なども無論引いていきます。解っているつもりの単語もどんどん引いていきます。難しい単語よりもむしろ中高で習ったような基本的な単語を和英ではなく英英辞典で再度確認することが重要なのです。「いつ了るのか?」と心配になるかもしれませんが、愚直に続けていくうちにどんな単語でも定義文を一読するだけですぐに意味が解るようになります。そういう状態になればこのステップは卒業ということになります。

この「Step 3」をやり遂げたら世界が変わりますよ。大げさでなく、本当に。僕はここまでやってからオーストラリアへ旅立ちました。ワーキングホリデーです。楽しかったですよ、言葉が通じたから。それは快感でしたね!!世界観が変わったし、日本を視る目にも大きな変化がありました。

ぜひ皆さんもやり遂げてくださいね。いいじゃないですか、1年や2年もっと掛かったとしても。長い人生です、この方法で身につけた英語力は一生ものです。

それではまた次回!!

英語学習体験記11「visual dictionaryの活用」

さて今回は以前こちらのページで紹介した『The Macmillan visual dictionary』についてお話してみようと思います。

それでは①から④のスキャン画像を見てください。これらは「multilingual edition(1994年/多国語版)」のものです。上から順に英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語の4カ国語が記載されています。

すばらしい!!

できれば英語のみの版ではなく、こちらの多国語版を購入することをおすすめします。本のサイズがあまりかわらないので、多国語版を買っておいた方がお得です。将来英語以外の言語の習得にもとても役に立つと思われます。

見てもらえばすぐにわかると臆いますが、単語(名詞)の意味が一目瞭然ですよね。Step 3でこの「visual dictionary」と英英辞典(Collins Cobuild)を組み合わせることで、単語の意味を時間の無駄なく正確に理解できるようになるのです。

次回詳しく英英辞典の引き方について述べますが、今日は僕の手元にある『Collins Cobuild English Dictionary』(1995年版)から「apple」(p.70)の定義1を引用してみたいとおもいます。

apple /æpəl/ apples

An apple is a round fruit with smooth green, yellow, or red skin and firm white flesh.

この定義文の中の「skin」「flesh」は①のリンゴ断面図に表記されていますよね。つまり「skin」が皮を、「flesh」が果肉を意味するということがすぐに判るはずです。

如何でしょうか?「visual dictionary」を併用することで英語習得のスピードをグンと上げられると思いませんか?

簡単ではありますが、視覚を活用することも言葉の習得にはとても大切だということがわかっていただけたのではないかと臆います。一人でも多くの方がこの「visual dictionary」活用を検討されることを期待しています。

 

それではまた次回!!

 

All images by courtesy of QA international.

20160111-visual65001

p.64

20160111-visual66001

p.65

 

20160111-visual196002

p.196

20160111-visual197001

p.197

© QA International, www.ikonet.com. All rights reserved.

 

暫くお待ちください

すみません、次は年明けになりそうです。また来年少しずつ書いていきたいおもいます。

ひとまず、よいお年を!